ショパン生誕200周年~もっと知りたいショパンのこと

ショパンは、19世紀のポーランドに生まれ、パリで亡くなった作曲家で、主にピアノ曲をたくさん残しました。

「子犬のワルツ」、「別れの曲」、「革命のエチュード」、「英雄ポロネーズ」、「幻想即興曲」、「華麗なる大円舞曲」、「雨だれのエチュード」などなど、これらショパンが作曲した曲タイトルを聞いたことはありませんか?

「聞いたことがある気がするけれど、どんな曲だろう?」
そんなあなたも、ショパンの曲は、かならずきっとどこかで、耳にしていると思います。

▼話題のショパン関連CD
マイ・フェイヴァリット・ショパン
辻井伸行

マイ・フェイヴァリット・ショパンまた、「ピアノを弾いてみたい!」と願う、小さな子供さんから、大人になってからチャレンジする方たちまで、「ショパンの曲が弾けるようになる」ことは、大きな目標のひとつになっています。

ショパン生誕200周年になる現在でも、ショパンの曲は世界中で愛されていて、毎週どこかでショパンの曲のコンサートが行なわれています。またショパンコンクールというピアノのコンクールは、ピアニストになりたい人たちにとって、とても大切なコンクールになっています。

素敵な曲をたくさん残したショパンは「ピアノの詩人」と呼ばれています。
ショパンのことを好きになって、たくさんの曲を「聴いてみたいな」、「弾いてみようかな」と思われている方のお役に立てると幸いです!

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0