スポンサードリンク

胎教~赤ちゃんと聴くショパン

赤ちゃんのいる生活は、本当に幸せで・・・。でも、ママの毎日は、とても忙しい。「やった!赤ちゃんが眠っている間に、あれもこれもやってしまおう。」なんて、思っていませんか?その気持ちは、とってもよくわかりますが、そんなに頑張らなくても大丈夫。ちょっと家事の手を止めて、赤ちゃんと一緒に、たまにはママもゆっくりしてくださいね。
妊娠中の方、胎教にもおすすめします。


夜想曲(ノクターン)第2番(Op.9-2)(1830~1831年作曲)

夜想曲(ノクターン)第2番はショパン20歳のときの作品。
ゆったりとした三拍子のリズムに乗せた、穏やかな曲です。美しいメロディは、少しずつバリエーションを生みながら展開し、最後はキラキラとした優しい響きで終わります。聴きおわったあなたと赤ちゃんの心のなかもキラキラとした綺麗なものがいっぱいに満たされているような、そんな気持ちになるような曲です。

ショパン夜想曲(ノクターン)第2番を・・・・・
定番で選ぶ 胎教を考え選ぶ 話題性で選ぶ



「子守唄」(Op.57)(1844年作曲)

子守唄はショパン34歳のときの作品。
とりとめなく、甘く優しいメロディが流れていきます。赤ちゃんと一緒に、音楽に包まれながら、うとうと・・・してみませんか?

ショパン「子守唄」を・・・・・
定番で選ぶ 200周年で選ぶ 話題性で選ぶ



スポンサードリンク

関連記事

  1. 大切な人と一緒に聴きたいショパン
  2. 小さなピアニストへおすすめのショパン
  3. つらい時、泣きたい時に聴きたいショパン
  4. 勇気がほしいときに聴くショパン
  5. ショパン200周年を祝って
  6. ショパンの曲を辻井伸行で選ぶ

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0