スポンサードリンク

つらい時、泣きたい時に聴きたいショパン

涙の理由も泣き方も、人それぞれ。
しかし、ひとり涙にどっぷり浸かりたい日も、きっとあるでしょう。
ショパン自身、哀しさや辛さを抱えて生きた人。あなたの涙を受け止め、優しく慰め、そして、その涙を昇華してくれる・・・。ショパンの作品には、そんな慈愛が満ちています。


夜想曲(ノクターン)第20番「遺作」(1830年作曲)

夜想曲(ノクターン)第20番「遺作」は、ショパン20歳のときの作品。映画「戦場のピアニスト」で使われ、さらに有名になりました。この曲を作曲した頃、ショパンは、コンスタンツィア・グラドコフスカという女性に片想いをしていました。コンスタンツィアは、ショパンと同じ音楽院で学ぶソプラノ歌手でしたが、とても美しく、大勢の取り巻きがいたそうです。内向的なショパンは、想いを告白するどころか、声を掛けることもできなかったようです。この作品は、そんなショパンの繊細で一途な想いが凝縮された、哀しくも美しい曲です。「遺作」というのは、ショパン生前に発表されなかったということですが、ショパンがなぜこの曲を発表しなかったのか、それは、初恋の哀しい想い出を封印したかったのかもしれませんね。

ショパン 夜想曲(ノクターン)第20番「遺作」を・・・・・
定番で選ぶ



スケルツォ第2番(Op.31)(1837年作曲)

スケルツォ第2番は、ショパン27歳のときの作品。マリア・ヴォジニスカとの婚約が破局し、ジョルジュ・サンドとの交際が始まった頃に作曲されました。美しい旋律、思索的なパッセージ、そして鬱屈したような暗い情熱が爆発するようなクライマックス。失恋の哀しみと、新しい恋の喜びが、複雑に表れたような名曲です。

ショパン「スケルツォ第2番」を・・・・・
定番で選ぶ
話題性で選ぶ




スポンサードリンク

関連記事

  1. 大切な人と一緒に聴きたいショパン
  2. 胎教~赤ちゃんと聴くショパン
  3. 小さなピアニストへおすすめのショパン
  4. 勇気がほしいときに聴くショパン
  5. ショパン200周年を祝って
  6. ショパンの曲を辻井伸行で選ぶ

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0