スポンサードリンク

ショパンの代表作

ショパン名曲100
¥2,702
amazonで購入する

ショパン名曲100ショパンは、ピアノ協奏曲を2曲、ピアノソナタを3曲、そして、バラード、マズルカ、ポロネーズ、ワルツ、夜想曲(ノクターン)、即興曲といった曲調の異なるもの、前奏曲(プレリュード)、練習曲(エチュード)のように主にピアノの上達を目的としたものなど、あえて分類すれば、ですが、さまざまな種類の作品を残しました。

2つのピアノ協奏曲は、いずれもショパンが20歳前後に作曲されたものです。なぜかショパンはこれ以上協奏曲を残しませんでしたが、1番は華やかで力強いイメージ、2番は想いを告げられなかった初恋のコンスタンツィアへの思慕がこめられた美しい曲です。

ポロネーズとマズルカはポーランドに伝わるダンスのリズムです。
ポロネーズの方がより貴族的、マズルカは庶民的、と一般に言われています。タイトルのつけられた「軍隊」・「英雄」・「幻想」などのポロネーズは、特に有名でしょう。

ワルツのなかでは特に「華麗なる大円舞曲」を耳にする機会が多いかもしれません。ショパンが22歳のときの作品です。明るく華やかなタイトルにふさわしい作品です。また、36歳のときの作品「子犬のワルツ」も愛らしい作品です。

ショパンの即興曲は全部で4曲ありますが、「幻想」は、ショパンの最高峰のひとつです。夜想曲(ノクターン)は美しく夢想的な曲想。ショパンがはじめてピアノ曲としました。特に「第2番作品9-2」は、必ずどこかで聴いたことがある、アノ曲です。

>>>ショパン名曲100で聴くことができます。



スポンサードリンク

関連記事

  1. 身近にあるショパンの曲
  2. ショパン おすすめCD
  3. ショパン24の前奏曲(プレリュード)
  4. ショパンの作品の特徴

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0