スポンサードリンク

ショパンの誕生と家族

ショパンは、本名をフレデリク・フランチシェク・ショパンといい、1810年に、ポーランドのワルシャワ近郊に生まれました。誕生日は、2月22日と3月1日の二つの説があります。

ショパンの父親のニコラス・ショパンは、フランスのロレーヌ州で生まれ、ポーランドに仕事を探しに来たフランス人でした。はじめ、ワルシャワのタバコ工場の簿記係の仕事を得ましたが、その後フランス語教師として生計を立てることにしました。そして、ワルシャワ近郊のジェラゾヴァ・ヴォラという地に住むスカルベク伯爵家の家庭教師となりました。

ショパンの母親はユスティナ・クシザノフスカといい、古いポーランド貴族出身でした。スカルベク伯爵家とは遠縁にあたる縁で、スカルベク伯爵家で家政婦をしていました。

スカルベク家で出会ったニコラスとユスティナは結婚し、3人の娘、ルドヴィカ、イサベラ、エミリアと1人の息子フレデリクに恵まれました。ショパンは2番目で、1人のお姉さんと2人の妹がいました。


スポンサードリンク

関連記事

  1. ショパン~パリで眠る
  2. ジョルジュ・サンドとの出会いと別れ
  3. 華々しいデビューと失恋 「葬送行進曲」
  4. ウィーンへ~「革命」の誕生
  5. ショパンの幼少期

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0